未就園前の便秘と入園後の便秘、下剤と浣腸について

未就園前の便秘と入園後の便秘、下剤と浣腸について

 息子の便秘は1歳から幼稚園の年中ごろまで続きました。毎日酷い便秘が続いたわけではありませんが未就園児のときは時々便秘になり、そういったときは決まって機嫌が悪くなりました。

 初めはヨーグルトや牛乳などの乳製品、それから野菜の食物繊維を摂らせて便秘を改善させようと試みましたが、なかなか食べ物だけでは改善されることが少なく息子の便秘が続くとこちらもイライラするので、小児科で下剤を処方してもらいました。

 未就園児のころはこれで改善されていましたが、幼稚園に入園してからは下剤では効かないことが多々ありました。こちらが便秘ではないと思っていても、病院の先生曰く息子は隠れ便秘だそうで全部便が出し切れず溜まって、突如腹痛を訴えることがあり驚きました。

 園に入園してからはそういったことが多く、よく浣腸してもらいました。浣腸は必ず効果があり、便をだしきったあとは息子も明るい表情をしていました。我が家の場合、入園と同時に引っ越しをしているので息子にそれで精神的ストレスを与えてしまっていたというのもおそらくあるでしょう。

 入園してからの便秘は大変でした。息子が一人っ子なのでそうとう目を配っていたはずだったのに、気が付かなかったからです。入園から卒園までに3回以上は病院で浣腸していると思います。今、息子は小学校一年生で特に便秘の症状はみられません。しかしまたいつ隠れ便秘になるかわからないので気は抜けません。今後も便秘にならなければ良いと思います。

1歳前後の便秘について

 1歳前後の便秘は、親御さんとしてもはじめての子供の便秘ということもあって、戸惑うことが多いものの1つです。こちらのサイトで1歳前後の便秘について詳しく紹介されていますので、チェックしてみてください。

↑ PAGE TOP