長女が幼い頃便秘で困った話し

長女が幼い頃便秘で困った話し

 長女は生まれた時から大人しい赤ちゃんでした。それと関係が有るかどうかは分かりませんが、1歳になった頃から便秘がちでした。3日位便が出ない事は普通の事でしたが、だんだんとその期間が長くなり私も気になって来ました。

 ひどい時には薄い手袋をして指で取り出した事も有ります。それはそれは大変でした。 腹痛は無い物のその時は痛がって泣いていました。浣腸も入らない位固まってそうするしか考えが浮かば無かったのです。

 お腹も痛がったりしていないし病院に行く程でもないと思ったので、何かいい方法はないかと本を読んだりして調べてみました。するとみかんや柑橘類が便秘にいいと知りました。それからはミカンを薄皮事食べさせたり100%のオレンジジュースを毎日積極的に飲ませる様にしました。

 しばらく続けていると便が柔らかくなったのか便が毎日とは言わなくても二日に一度は出る様になって来ました。プルーンもいいと友人から聞いたのでケーキに混ぜ込んで食べさせたり、料理の和え物に細かくしていれてみたりして自然に食べられる様に工夫しました。これはずっと中学生頃まで本人にも話して積極的に食べる様に言ってました。

 大人になって私の言う事も聞かなくなった頃、あまり意識して摂らなくなってから又便秘がちになったと聞きました。自分で工夫する様になってからは小麦の皮で出来たシリアルを毎朝食べていた様です。あまり美味しくは無かった様ですがそれを毎朝摂る様になってからは毎日便通がある様に改善出来たらしいです。

↑ PAGE TOP